ほんとうに何もかも長続きしないぼくの目標

先日、1月5日をもちまして、38歳になりました。
普段10歳サバを読んでいますので、アンチエイジング込みで28歳です!

さて、正月ということもあって、2013年の総括とか、2014年の抱負とかを書くべきなのかもしれないですけれど、とかくぼくは何もかも長続きしない。

長続きしない(というより連日することができていない)ことについて。あくまでプライベートな話。仕事は全然違うやり方をしているので。

  • 小説を書いているのだけれども「毎日書く」というのができない。(でも書けるときには書いていて、進んでいる)
  • 部屋の片付けをしているのだけれども、連日片付けて気づいたら綺麗になっているみたいなのがまったくできない。(でもちょっとは片付いていっている)
  • この十年「腹筋運動をしよう」と言い続けているのに、二日と続いたことがない。(まだ年末のギックリ腰をひきずっていて、筋が痛むしやってない)
  • すごくやってみたいことが一つあって、でもそれは毎日やらないといけないことなんだけど、これらのことがあってまったく手を付けるのがこわい。

でも、去年の夏にダイエットをしたことで、わかったことが二つあります。

  • ぼくは、決意表明をしたら、絶対に完遂できない。
  • シンプルなルールにしないと続かない。

この二つです。

一つめ。
これはダイエットをしたときにしなかったことなんですが、決意表明をしなかった。なぜなら、例えば「ひと夏で5Kg痩せよう」「毎日食事を減らそう、運動をしよう」という目標を立てて決意を抱いた瞬間、「今日もやらなきゃ」「今日もできなかった」の2つのストレスがぼくの中に生まれます。まだなにもやっていないのにです。本当はどんだけでもいいからとにかく痩せたいのに、決意した瞬間、その2つのストレスを打ち破って、なおかつ痩せるための何かをしなければならない。アホか。

ボスモンスターを暗殺すればよかったものを、「オレはアイツを倒す!」と言った瞬間、「ならばワシを倒してから行け!」「側近の俺様に勝てるかな?」みたいにどうでもいい中ボスみたいなのが現れる。

目標は決意表明の後に倒すのではなく、胸に秘めつつ暗殺するに限る。

二つめ。
複雑なルールにすると例外ができまくる。例えば「毎日1200Kcalに抑え、油ものと炭水化物を控えつつ、毎日10Km走る」とかをやり始めると、「今日5Kmしか走れなかったぶん、500Kcalくらいに抑えとけばいいかな? あ、お昼にチャーハン食べちゃった」みたいなよくわからないことを考えるハメになる。今日お昼に食べたチャーハンおいしかったです。
このよくわからない辻褄を合わせようとする自分のコスいところがまったく気に入らない。アホか。

ボスモンスターを倒すときには、HPをゼロにすればいいのであって、背中を上って対巨龍爆弾を仕掛けて反対側に登ってきたら手をかけてる岩山に上って爪を壊してメテオが降ってきたら攻撃をやめて隕石を採掘して……ってどこのダラ・アマデュラだよみたいなことになる。

ルールは複雑にするのではなく、クリアすればなんでもいいことにするに限る。チェーンソーで一撃とか、理想的である。

そういうことをぼくは2013年に学んだ。

ぼくはいつだって「すごいぞ俺!やったぞ俺!」って思いたいんです。決意やルールを持った途端、「できない(できなかった、まだできていない)自分」が生まれる。これはぼくにとってまったくよくない。ぼくはいつでも「できる自分」しか見たくないのです。

書きたい時に書く、片付けたいときに片付ける。そういうシンプルさにします。
すると、体が勝手にやって、勝手に達成してるので「すごいぞ俺!やったぞ俺!」っていうのが積み重なっていく。

ブログ、ほんとは元日に書こうと意気込んで書いたのですが、ほんとうにクソ面白くないことしか書けなくて、やっぱり書こうと決めて書いたのがいけなかったのだと反省しています。

書きたかった今だからこそ書けたので「すごいぞ俺!やったぞ俺!」とぼくは思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
(上記はプライベートな活動のことでして、仕事の場合は締め切りを鋭意守りたく存じます)

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。