ゴーバスターズ、クライマックス!

先日、このブログで「テコ入れ、サイコー!特命戦隊ゴーバスターズ!」っていうエントリを書いたんだけれども、あれが28話。続いて亜空間への旅立ち(そして旅立ちを妨害する悪の手から基地を死守する面々)が29話で描かれ、いよいよ第30話。前回のラストで、亜空間のボス「マジェスティ・メサイヤ」が実体化しゴーバスターズの前に立ちはだかったわけだが、対ヴァグラス決戦ということでで今回も最初っから最後までクライマックスな状態。今回、色々な謎も解けたし、敵のボスも爆発四散したので、一件落着感すごい。敵の軍団が途中で入れ替わるのは戦隊シリーズでは珍しくないが、第一章完というより余韻なしの最終回という感じで、なんというか、第二章が気になります……。

以下、例によってネタバレ含み。

  • エンターやエスケイプが、亜空間に転送された研究員のデータの寄せ集めであり、ヒロムの両親やヨーコの母もマジェスティに取り込まれてしまっていて、それはメサイヤやエンターの言うところの「創造する者たち」であったことがわかる。
  • ヒロムの決意(マジェスティ・メサイヤの破壊を覚悟すること)から、ゴーバスターエースでマジェスティ前に到達してロボ戦に入るまで、テーマソングの2番で盛り上げるという、超絶燃える展開。歌詞もマッチしていた。
  • VSメガゾード戦の決着はテンコ盛りロボではなく、ゴーバスターエース。ニックの「15分ぴったり、危うく突っ込むとこだったぜ」っていうのは粋なセリフだなぁ(要は、ヒロムは自分で、もし覚悟がつかなかった場合は、ニックに特攻させるって段取りなわけだから)。脱出のシークエンスも、GB-01だからこそ。
  • エンターの最期のセリフ「フェリシタシオン、ゴーバスターズ」これは単なる任務完了を祝うということではなく、亜空間の呪縛から解き放たれることへの祝福なのか、エンターにとって終わりのなかった「人生」に終止符が打てたことなのか、はたまた皮肉っぽく新たな戦いの幕開けを示唆するのか。意味深だなぁ。
  • ヒーローものに欠かせない主人公たちの精神的成長
  • エスケイプは、その名の通り、逃げおおせている。これは第二章への伏線だよなぁ。
  • 陣マサトの本体(肉体)が亜空間で昏睡し続けていたという衝撃の事実。陣はマジェスティに取り込まれていなかった……。しかし現実世界に本体を転送することはせずそのままに。多分現実世界に本体を転送しても、医学的に治せるものではないからだと思われる。これは終盤でまた亜空間に渡るなどの話が出るのだろうか?
  • すごいクライマックスなんだけど、すごい予算かけてる感じじゃなくって、むしろメットoff状態のレギュラー陣によるロケ(しかも最近のヒーローアクションもので見慣れた場所)や、CGも従来出てきたものの焼き直しがほとんど。実体化したメサイヤにしても、攻撃が物理系(あと衝撃波)なので、珍奇な理不尽的攻撃のCGもなく、ゴーバスターズのアクションが映える感じだった。下手をすれば単なるシンプルなボス戦のところ、この盛り上がりなのだから、やっぱ画や演出の迫力もあるとはいえ、素材の質以上に、ストーリーが大きく動くってのは重要だよなぁ、と。ここ三話ほどの展開、非常に勉強になります……。

第一章完結に向けての畳掛けってことで、テコ入れ的側面があったにしても、強烈に面白かったこの三回。来週は宇宙刑事ギャバンがゲスト出演とのこと。ギャバン回が終わってから第二章っぽいけど、どんな敵軍団が出てくるのか。エスケイプとその残党はどこへ行ったのか。いろいろ気になっちゃうなぁ……。
ゴーバスターエース、玩具だと変形合体ギミックに主眼が置かれてて足がデカめなので、ロボット魂シリーズで出てくれればいいのになー。

ところで、ゴーバスターズとは関係ないですけど、フォーゼのバリズンソード、重いよね……。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。