ドラゴンズドグマの100時間

ドラゴンズドグマのスクショ

ドラゴンズドグマのスクショ


寝落ちを大量にしていたので、正確には100時間もかかっていない(と思う)。あと、途中、あんまし自宅でゲームしてるヒマなくて1ヶ月以上くらいやってなかった……。

というわけで、PS3用ゲーム『ドラゴンズドグマ(CAPCOM)』を一応クリアしたので、感想を書きますわ。

一応、というのは、二周目を始めたからであり、二周目始めたというのに、さっそく砦でのバーンさんの講習受けるの忘れて先に進めてしまった……これではラスト近辺のおまけクエスト?ができんではないか……(泣)。
というふうに、ドラゴンズドグマでキビシーなーと思ったのが、あるクエストをすっぽかしたり、失敗してしまったりすると、もう別のクエストが受けられなくなったり、自動セーブされてしまう(チェックポイントに戻ろうにもこまめに宿に泊ってたりしないと戻れない)ところ。二周目プレイとかを普通にやっちゃう僕みたいなのはいいと思うんだけど、そうでない人は悲惨だし、序盤のクエストで(右も左もわからないうちに)見逃したりいい結果出せないと後々で響くというのもなー。

さて、不満らしい不満はそれくらいで、本当に僕はこのグランシス地方を永遠にウロウロしていたいというくらいに楽しんだし、まだ楽しみ足りない(行っていないダンジョンや、手に入れていないアイテム、挑戦を見送ったクエストがいっぱいある)。

以下、ネタバレありで。

そもそもこのドラゴンズドグマ、マミさんの言うところの「円環の理」(実際ゲーム中に似た言葉が出てくる)、ウロボロスの輪、輪廻転生、因果応報ということで、覚者とドラゴンの関係が幾重にも連なっている世界である。最終的に主人公たる覚者は「前覚者」(界王あるいはドラゴン)と対峙するわけだが、克己できた者は次の界王に、あるいはできずに界王に敗れた者がドラゴンとなるという、その繰り返しが永遠に続く。

領主たる王は、前・覚者ではあるが界王どころかドラゴンに太刀打ちできず、取引をして、満たされぬ孤独を背負いながら世を統べる力を得た。もう一人、竜識者として存在する男は、安寧に生き長らえる道を得た。ひょっとしたら哀れな死に方をしたエリュシオンも、ドラゴンに恐れを抱きながらもその力に魅了された者なのかもしれない。そんなアナザーパターンも含めて、この世界には色々な「覚者」がいて、天に堕ち行くエヴァーフォールに象徴されるように、ただひたすら天から地、地から天へと彼等は宿業を繰り返す。なかなか哲学的に満ちた世界観だなぁ、と。

それ故に(英語のセリフに字幕という特徴もあって)今ひとつ解き明かされなかった人々の素性も知りたかったところ。

ところで、僕は女キャラでプレイしていたのだけれど、モンハンでもなんでも女装備のほうが色々凝ってたりするってのがその理由。けれど、このドラゴンズドグマは、男キャラでプレイ開始するのがいいと思った……。なにしろ好感度を上げるというところで、女キャラだからジュリアンとかレイナードとかの男の好感度上げればよかったのに、プレイヤーの好みとしてマデリンばっかり相手にしてしまっていたので、序盤の護衛クエからラストまで全部マデリン。領都に戻ったら必ず店に立ち寄って、持ってりゃ魔鉱メダルを渡すマメっぷりを発揮。なのに、終盤からエンディングまで、なんで百合っぽいシーンを見なきゃならんのだ、って思いましたよ……。なので二周目は男キャラにしました。再度マデリンの好感度を上げるか、キナ、セレナ……誰にしようか、専用のエンディングセリフやジェスチャーがあるっぽいからなぁ。そういうストーリー的に恋慕を予感させる脇道も面白い。

あと、メイポはアクが強いキャラを作ったほうがいい感じある。一周目、黒人金髪大女ファイターを作ったんだけど、すごく楽しかった。二周目は、イケメン&美少女にしたんだけど、こういうのって、普通にポーン雇えばよかったんや……。あと、顔が見えないとまったく面白くないので、ずっと羽つき帽子みたいなので通した。ヘルメット系の防具は面白くないわ。

それにしても、ポーンの仕組みはよく出来てると思った。誰かがTwitterでポストペットみたい、ってつぶやいていたけれど、本当にそんな感じ。人がプレイしているのを借りてきてパーティーを組む。非同期なソーシャルRPGはよくある昨今では、仕組み自体あんまし珍しいことではない。けれど、そこにポーンの性格と、主が組んでるスキルの違い、ポーンに積まれた経験の違いなんかもあって、すごくいい活躍(まさに「かゆいところに手が届く」感じ)をするポーンもいれば、全然役に立ってくれないのもいる。そういうなんとなくアナログな感覚が(つっても細かいデジタルなフラグの積み重ねでしかないのだけれど)楽しい。雇ったポーンに評価やアイテムを託してからパーティー解散するのも、ポジティブフィードバックで楽しみな感じ。

つらつらと思うままに書いたけれど、オープンワールド系のゲームとして考えても、アクション要素のほうが強いっぽいし、どのジョブを使っても(自分は初期ジョブのストライダーでエンディングまで通した)楽しめるっぽいので、ハイファンタジーの世界に手軽に浸って、そっから戻ってきたくない感じの人にはいいと思う。
楽しい時間を過ごせたし、他のPS3ゲームも積んでるんだけど、もうちょっとグランシス地方を散策してみようと思いますわ。

それじゃあ、みなさん、オバダビトゥデイ!

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。