映画『アベンジャーズ』感想

どうも。トニー・スタークです。

どうも。トニー・スタークです。

『プロメテウス』の感想を書いたので、アベンジャーズについても感想をば。
っつか、学生時代は週末に映画3本ハシゴなんて普通にやってたのになーとか最近思うわ。最近は趣味的に好きな映画(特撮アクション)ばっかり観ている感あるんだけど、DVDでレンタルで借りて観たやつとかもメモがわりに書いておいたほうがいいのかなー。
まずはそんなにネタバレ関係ないところから。

  • まさに「スーパーヒーロー大戦USA」な感じ。何も深いこと考えないで面白がって観られるというのは大事だと思う。
  • キャプテン・アメリカとインクレディブル・ハルク、観ていなかったんだけどレンタルしてしまった。
  • アイアンマンのスーツ柄Tシャツ買ってしまった。
  • キャプテン・アメリカが象徴するように、アメリカが「キャプテン」かというと、確かにそうなんだけれど(70年ぶりに生き返った後の話なので)時代錯誤な「強いアメリカ」が先頭に立ててんだか立ちきれてないんだかってのは一応アメリカの現状の皮肉みたいなもんなのかなーと。
  • 集結してハプニングがあって再集結する流れが、理屈っぽくなくてよかった。結局別々の思想信条の者たちがまとまるには「外敵」が必要ってことね……。
  • マイティ・ソーは立場的にチートキャラなのに、アイアンマンやハルクのほうが度外れ超人すぎてどのキャラを見ても立ちすぎず、目立たなすぎずで良い。どのキャラのファンだったとしても大満足ではないだろうか
  • ブラック・ウィドウちょうカッコイイ。ホットトイズのフィギュアが欲しくなるレベル。
  • こういう映画は3Dで観るのがいい!でもぼくは、3DSでゲームする場合もそうなんだけど、あんまし奥行きとか感じらんないんだよなー。いつのまにか2Dと同じように見えてしまっている。なんでだろ。

以下、例によってネタバレ含む


ネタバレするほどの謎や意味深な伏線は無いし、パンフレットを買うとほとんど書いてある……。

今回の騒動の元となっているキューブはエネルゴン……じゃなかった。映画『キャプテン・アメリカ』から続く脅威のエネルギー体で、こいつは『マイティ・ソー』の世界からもたらされたもの。しかしS.H.I.E.L.D.はそんなことは知らずに迫り来る脅威への対抗手段として(ぶっちゃけ兵器利用を前提に)研究していたという。それが結局ロキが再び地表に降り立ち、宇宙のならず者軍団みたいな「チタウリ」を呼び寄せてしまうことになる……。

こういう、危なっかしいモノを研究してたら、危なっかしいモノを呼んじゃった的な因果というのは、よく使われるモチーフだなぁ、と思いつつ、いろんな映画を観ていると「なんで人間は人智を超えた物を扱うときにそんなに粗忽なんだ」と思ってしまう。プロメテウスの科学者連中とか(汗)しかも同時に重要な研究者と重要な戦力を洗脳されて連れて行かれてしまう。
そんな非常事態と並行して、アベンジャーズのヒーロー各位が呼び集められるのだが、まあ、そこからのストーリーは観たほうが早いわ。

アイアンマンのスーツ、マークVIがボロボロになってしまい、開発中のマークVIIが登場するのだけれど、空中装着がすごくカッコイイ。トニー・スタークが「変身!」って叫ばないのが不自然なくらい。(それは『アイアンマン2』でトニー・スタークがマークVを装着するときに「着装!」と叫ばないのと同じ違和感だし、悪いオタクの考えですよ)
みたいなことをTwitterでつぶやいたら、ハルクが変身するときに「怒る!」って(メタルダーばりに)言わないのと同じってmentionもらったんですが、いやほんと、それくらいに思えたなぁ。ハルクが駆けつけ、変身する直前の一言(つっても字幕読んだだけですが)「僕は常に怒ってるんだ」みたいなのがすごくよかった。なんだ、博士、制御できてたんじゃん、っていう嬉しさ。

何と比較する必要もないんだろうけれど、ヒーロー集結モノとして、かつて観た『リーグ・オブ・レジェンド』のなんとも言えない微妙さからすると、雲泥の差だなぁ、と。いや、『リーグ・オブ〜』も観たその時は楽しくてしょうがなかったんで、やっぱ比べても仕方がない類のものなんだろう、こういうのは。
壮大かつ入念に数年かけてキャラの深堀りをそれぞれの作品でやってからの集大成。面白くないわけがない、という感じ。誰もがマーベル・コミックのマニアというわけではない中で、そんなの読んだことなくても大丈夫という安心感はすごい。
ただ、もうちょっと敵の軍団に造形的な魅力があったらなぁ、とは思う。なんか「去年トランスフォーマーで観たなー」というような見てくれの敵が多かったからなぁ。まあ、ここで敵をマーベル・コミックで有名な連中にしてしまってはいけないんだろうけど。
続編も制作決定らしいけど、ダークアベンジャーズが出ないと話になんないよね、きっと……。映画の配給(今回の『アベンジャーズ』と次の『アイアンマン3』はディズニーが配給権をパラマウントから買ったようです)の関係でスパイダーマンは加わらないっぽいですが、そういう事情抜きにして、またハチャメチャな映画が観たい感じするなー。

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。