『三国志牧場』リリースいたしました!

『三国志牧場』スクリーンショット

『三国志牧場』スクリーンショット


もう、Twitterで短文垂れ流してばっかりで、ブログ書いてなかったお。

三国志牧場はこちら!

本日、『三国志牧場』という当社(Amatz)開発のブラウザゲームを、ベクターさんの「ブラゲタイム」にて、リリースいたしました! オープンベータテストの開始です!

開発は当社の「チームとんかつ」です。チーム○○って、そういやAKB48みたいだね…

企画に至った経緯は、あんまし覚えていないんだけど、三国志で牧場というテーマが決まってから、「兵馬俑とかも埋まってるし、兵士を生身のまま副葬したりしたかもしんないし、兵隊埋まってたのがにょきにょき生えててもよくね?」みたいな会話はした覚えあるなーと。あとはチームとんかつにゆだねられた感じです。

『三国志牧場』企画書の1ページから

『三国志牧場』企画書の1ページから

このトンデモな企画のゲームを、企画からリリースに至るまでサポートしてくださったベクターのみなさん、本当にありがとうございます(そしてこれからも!)。

恥ずかしいのでぼかした画像をちょぴっと右に掲載してますが、テキトーながら、兵馬俑が畑にイースター島のモアイ像よろしく埋まってるわ、城は書割だわ、空は燃えているわ、こんな画像が企画書に貼られてたら、ふつうドンビキするわな…

Twitterで検索しても、けっこうこの三国志牧場についての感想が出ていて、関心を持っていただけてうれしいです。

この先は、プレイヤーの皆さんとの熱い戦いになっていくと思いますし、まずはリリースすることができて、やっとスタート地点の最初の最初に立てたトコですね。

実は、昨日は昨日で『天外魔境 JIPANG7』のクローズベータテストを延期することになり、僕にとって、日常のプレッシャーが一段階上がった状態でのリリース。

天外は開発会社はAmatzではないのですが、ディレクターとして関わりが深いタイトルですし、年末からどんどんプレイフィールがあがっていて、とにかくそこを突き詰めるような調整をプロデューサーの西さん陣頭指揮で進めています。

Amatzでは今後もいろいろなタイトルが世に出て行きますし、それこそ、いろいろなことが起こると思うので、オンラインゲームのリリースにまつわるあれやこれやの場数は数多く踏んできたつもりではあるけれど、こういうのは自分の碇をきちんと下ろして、感情の波に自分が揺られないようにしないと、連戦できないって思ってます。

とにもかくにも、『三国志牧場』かるーく始められるタイトルです。まだテスト版ということで、操作のための情報も少ないとは思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。

天下を獲ったり、州の覇権を握るには、それ相応の友達との協力やら、相手への妨害やらが必要だったり、それには武将をよく使ったり、兵隊を進化させたりが重要になってくるんで、いろいろやってみていただけるとうれしいです。

三国志牧場はこちら!

広告

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。