バグラとソグラ

MMORPGの運営が長かったので、ソーシャルゲームのことを考えるときに、どうしてもMMOでのいろいろな機能と比較したり、ソーシャルゲームにうまくその流れをもっていけないか、ということを考えてしまう。

ソーシャルゲームのほとんどは、そのソーシャル関連機能をプラットフォームAPIに頼ることになるし、そうしないのであれば(自前のソーシャル関連機能が優れているのであれば)、集客目的以外にそのプラットフォームを選択する理由が薄いということかもしれない。

しかし、ソーシャル性をより強める機能、ゲーム内でのバーチャルグラフ(これをわざわざこう呼ぶのはちょっと抵抗あるんですが)を充実させるシステムというのは、これらプラットフォームAPIだけでは実現できないことのほうが多い。

もちろん、ソーシャルプラットフォームは、あらかじめそのプラットフォームが持つ友達登録機能やら日記・掲示板機能、サークル機能などでソーシャルグラフをエンドユーザーに形成させているので、そこに対しゲームを提供するという形がベター、という立場にというのも理解できる。(なんでもあり系のプラットフォームもあるわけですが)

ところで、ソーシャルグラフとバーチャルグラフを分けないと何かが理解できないというシーンに出会ったことがない。

SNS上でソーシャルグラフは、現実で「人事処理された」後に成り立っている。そもそもキライなヤツとは外交辞令でもなければ友達登録しない。

反面、ネトゲでは、好きとかキライとか以前に、あるゲーム目的のために「友達登録(機能)」によりバーチャルグラフを「先に作って」、そこからソーシャル的な関係性が始まる。

ゲーム内で形成されるバーチャルグラフというのは、時にソーシャルグラフを超える結束、連帯、集団性を発揮し、ドラマを生み出すことがあって、ソーシャルグラフ至上主義の立場の人がいたとしても、これを無碍にしたらアホやろー、分ける意味ないんじゃないか、とは思う。

バーチャルグラフのでき方として、例えば「あの伝説の剣が欲しい、その前に立ちはだかるドラゴンに挑むにはチームで連携することが必要だ。人数を集めなければ… 僕は騎士だから、魔法使いを探そう」というシチュエーションがあったとする。

これは完全にゲームの都合によって人を探そうという気持ちが生まれているので、ゲーム内の街で探し当てた魔法使い(プレイヤー)との間には、リアルなソーシャルグラフ的な関係性は、元々ない。

その後、冒険を繰り返すうちに、役割分担的な側面もあれば、チャットでの会話が楽しかったりという人柄のこともあって、そもそもをグラフで書いていたなら点線とかグレーの線とかで「仮に」引いておいたに過ぎなかった相関関係図が実線となり、濃い色の線となる。バーチャルグラフの完成である。

けれど「あいつ、ドラゴンのとこで敵前逃亡しやがった、縁切りや!」みたいなことがあれば「人事処理」されて、チームから外されたりする。

そんなこんなが、システムによって明確になるんだけど、細かいこと抜きにして、ゲームが目的的に機能しているうちは、バーチャルグラフはソーシャルグラフとして機能すると言っても過言ではない。

もちろん、バーチャルグラフとして端を発するこの関係性が、例えばオフ会を設定したりすることでプレイヤー同士が会ったりすると、昨日までバーチャルグラフとして区別していたものが、急に「ゲーム○○を愛好する者同士」としてサークル、すなわちソーシャルグラフ化する。

そんなことを思うと、人間の活動というのは、アナログで境のないものなので、ソーシャルグラフとバーチャルグラフを明確に分けるということはできないと思う。
ソーシャルグラフを守るってのは宗教の戒律だとかお題目だとかじゃないんだから、これはソーシャル(リアル)、あれはバーチャル、という線引きをするというのはあまり意味がない。

あるとしたら、「出会い系(バーチャルグラフ)」と「元々出会ってた系だから出会い系じゃないんですよ系(ソーシャルグラフ)」とを明確に分けたいみたいな、オレんとこは違うんだ、みたいな、クソくだらない理由があるときだけだと思う。

結論:ソーシャルグラフを重視したいのであれば、ソーシャル的に関連のない人やサークルまでドカドカ羅列して、結果出会いみたいになっちゃってソーシャルグラフを破壊する「友人を探す」検索よりも、「この人はあなたの知り合いではありませんか?」みたいな余計なお世話だろそれ、オレの友達リストと他人の友達リストをつき合せしてんじゃねーよ、みたいなFaceBook風レコメンドをしてくれるほうがよっぽどソーシャル。

ところでこれらを略して「バグラとソグラ」って言うと、なんか「ぐりとぐら」がソドムとゴモラに送り込まれて神的能力に覚醒しつつ、街を焼き払う根源となってしまう鬱展開のファンタジックストーリーが思い浮かびましたがどうしてくれようかこの小童!!!!1111

広告

現在コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。